« 達川光男セミナー | トップページ | 本をたくさん読むようになったきっかけ »

2008年3月 2日 (日)

銀行業務検定試験

今日は、銀行業務検定試験を受けてきました。

「銀行業務検定試験は、主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、誰でも受験できる公開の検定試験です。実務能力水準の向上に寄与することを願って1968年2月からスタートしました。
 現在、法務・財務・税務等の基本ジャンルからファイナンシャルアドバイザーや年金アドバイザーまで、21系統36種目の試験が実施されており、年間受験応募者数は約30万人を数えるに至っています。(銀行業務検定協会HPよりhttp://www.kenteishiken.gr.jp/a/index.htm)

試験の出来は・・・・・。良くないです。完全に準備不足ですな。税務2級を受けたのですが、筆記が半分以上という割とハイレベルな試験。専従者特別控除やら相続時清算課税制度やら特別支配会社やら。。。

この試験、数学と似ていて、最初の計算で間違えるとあとを全部間違える仕組みになっているんです。最初でつまずくと、さよーならーとなってしまいます。そして、間違いをしないために、税務知識を割りと詳細に暗記しておかないといけない。

この手の試験は、結局どれだけ計算問題をやるかにかかっている!、って試験中に思いました(おそっ!)回答を見ながら問題集を回転させていて、試験前には何とか全て理解できるようになっていました。

が、演習が足りませんでした。アウトプットすることが足りませんでした。日商簿記、中小企業診断士の財務もこの手の試験です。

そこそこ時間をつかって勉強したつもりだったのですが、戦略を間違えましたね。最近は、インプットだけで合格してきた試験ばかりだったので、気をひきしめないと。

銀行で申し込んだ試験は、結果は支店長経由で知らされるんです。お金は自分で支払っているのに。。。あー。

|

« 達川光男セミナー | トップページ | 本をたくさん読むようになったきっかけ »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468731/10882302

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行業務検定試験:

« 達川光男セミナー | トップページ | 本をたくさん読むようになったきっかけ »