« ブログをはじめたわけ | トップページ | サマンサタバサリミテッドジャパン »

2007年10月18日 (木)

なりたかったもの

なりたかったもの。

子供のころなりたかった職業。

「電車の車掌」

そう、運転手じゃなくて車掌。「次は~、東京です。山手線はお乗換えください~!」とか言ってみたかった。運転手もいいなとも思うけど、鉄道関係勤めるなら車掌と決めていた。

でも、なぜかならなかったんです。

なろうと努力というか、なるための行動しなかった。

なぜだろう?

「野球の選手」

本当にプロ野球が好きでした。特に広島東洋カープが大好きで、プロ野球初の背番号ゼロ「長島清幸」がセンターで大活躍するのをレフトスタンドから一生懸命応援していました。

そして自分も野球をやっていたのか、といえば、やっていませんでした。小学1年生からずっとラグビーをやっていて、それはそれで楽しかったのですが、やはり野球のほうが好き。

なぜ野球をやらなかったのだろう?

地元の野球クラブの練習まで見に行っても、入団までは至らなかった。

なぜだろう?

理由を考えるまえに、なぜを今の仕事をやっているのかを考えてみると、「社会貢献のため」です。正確には「社会貢献のための準備のため」です。私が銀行に勤める事によって社会に貢献しているか、と言われれば国民総生産を超微量に押し上げたり、税金を納めたりということですが、それだったら、誰だってやっていること。むしろそれなしに勤めることは出来ません。

将来、中小企業診断士として独立するためのエッセンスを学びたいがために、銀行に転職したわけであります。「環境問題に積極的なに良質なコンサルティングを行ない、地球環境問題解決へ貢献する。」これを独立後診断士として行ないたいわけでして、どんな方法があるのか、いろいろと銀行という組織の中で構想を練っているところです。中小企業の社長に直接会ってニーズを探ってくる、というスタイルも独立後に通じるものがあるな、と思います。

電車の車掌やプロ野球の選手になぜなろうとしなかったのか、それは自分の中に理由があるような気がしますが、なかなか言葉で表現するのがむずかしい。。。ので、まとめて次回に書くこととします。

|

« ブログをはじめたわけ | トップページ | サマンサタバサリミテッドジャパン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468731/8494262

この記事へのトラックバック一覧です: なりたかったもの:

« ブログをはじめたわけ | トップページ | サマンサタバサリミテッドジャパン »